イベントページ表紙9

オフィスパッションHP鏡2

パッション屋良は、沖縄県名護市出身であります。 ウッチャンナンチャンや出川哲朗などがいるマセキ芸能社に所属しています。1976年7月23日生まれ A型 身長180㎝ 体重90㎏の少し大きめの男であります。

〜沖縄にいた頃〜

小さい頃は泣き虫で引っ込み思案な部分を持っていた少年でした。そんな彼は小学校4年生の時に「クラスのみんなを笑わせたら人気者になれる!」ということに気付いたそうです。それからは、自分のキャラを活かして周りの友達や先生などを笑わせて楽しませることをしていきました。高校生の時、持ち前のキャラを活かして学校の人気者に生徒会長にもなりました。高校卒業後、体育教師を目指すために上京する。

〜上京したての頃〜

大学に進学するため、読売新聞社で新聞奨学生をしながら浪人生活を送る。 その後、国士舘大学体育学部体育学科に入学。 教員免許まで取得しましたが、やはり人を楽しませるという快感を抑えることができず、大学を卒業と同時にお笑い芸人の道を歩み出しました。

〜お笑い芸人スタート〜

地元の幼なじみと組んだ年がサミット首脳会議が名護市で開催されていたということで、「サミット75」というコンビ名で活動をスタートしました。そして数々のネタ見せ・オーディションを経て現在所属しているマセキ芸能社に所属する。 競技生活で鍛えた肉体を活かし身体を張ったネタを武器に4年間ほどコンビで活動していたが、鳴かず飛ばずでコンビを解散。

〜パッション屋良誕生〜

それを機に「パッション屋良」としてピンで活動を始める。 体育教師を目指していたこともあり、等身大で演じれる体操のお兄さんに扮して「そうだね!プロテインだね!」「あ〜い・あ・あ〜い!えびぃばでぃパッション!!!」というフレーズ、胸を叩くギャグ「やらやらバンバン」を繰り出す暑苦しいキャラが話題になり、大人から子供まで多くの人が真似をするようになる。子供があまりにも真似をして危険だということで一部の小学校では「パッション禁止令」が出るまでになりました。

お笑い芸人として活動していくうちに「地元沖縄に何かやれることはないか?タレント活動を活かして沖縄を元気にすることができないか?」と考えるようになりました。 大先輩の出川哲朗に「沖縄で一番輝いている芸人なれ!」という言葉をもらい、沖縄での活動を決意する。

〜現在のパッション屋良〜

現在では、地元沖縄に拠点を移し「地産地”笑”」をコンセプトに、県内外で活動している。  タレント業で培った経験を活かし、番組制作やイベントの企画・運営、そして「笑い・ユーモア」を活かしたセミナーなども精力的に行っている。